« 3週連続 2459レ | トップページ | 夕陽 »

2009年7月21日 (火)

木次線1453D列車

蒸し暑い日が続いてます。
せめて画像だけでも、涼しげなものを。

2003年12月28日 木次線 出雲横田-八川
20090721_03_2

2003年12月28日 木次線 出雲横田駅
20090721_02

2003年の年末は、中国地方の路線の完乗を目論み、周遊きっぷを片手に広島、山口、島根の3県をうろついていました。写真はいずれも、2003年12月28日の早朝に、木次線の出雲横田駅周辺で撮ったものです。

本来の予定では、この日は既に広島に到着している予定でした。というのも、前日の夕方に出雲横田駅を予定通り出発したものの、2駅先の出雲坂根駅のスイッチバックを抜けたところで、雪に阻まれ立ち往生してしまったのです。

運転士さんは列車を降り、スカートの手前に押し出された大量の雪を手で掻き分け、列車を何とか動かそうと試みましたが、ピクリとも動きません。結局、救援を呼んで除雪を行い、出雲横田に引き返すことになりました。

ところが、ここは広島県境にほど近い山間地のため、救援の到着まで2時間近くかかるとのこと。その間、運転士さんと雑談しつつ、救援を待ちます…。

2003年12月27日 木次線 1453D列車
20090721_01

なんとこの列車、乗客は私1人だけでした。
なんだか申し訳ない気分になったことを覚えています。

しばらくすると、黄色いヘルメットを被ったJR西日本の職員が何人も、スコップを片手に築堤を登ってきました。救援が到着したようです。線路端に取り付くと、それぞれ猛烈に雪かきをしています。ほどなく、列車は後退できるようになり、私を乗せたまま出雲横田に引き返しました。

その日は、接続列車も当然ないため、JRが確保した出雲横田駅そばの駅前旅館で止むなく1泊することに。で、翌朝の冒頭の写真に繋がる、というわけです。

日程通りとはいかなくなりましたが、今となっては良い思い出です。
運転士さんをはじめJR西日本の方々には、本当に良くしてもらいました。

|

« 3週連続 2459レ | トップページ | 夕陽 »

JR西日本」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
とても貴重な体験・思い出ですね。

写真、涼しさよりも寒さが感じますよ〜(爆)

投稿: 徒歩三千里 | 2009年7月22日 (水) 08時30分

> 徒歩三千里さん

いま振り返っても、一二を争うレベルの貴重な体験でしたね、これは。

涼しさが伝わったようで何よりです(*^-^)

投稿: まくらぎ | 2009年7月22日 (水) 23時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/542091/45693275

この記事へのトラックバック一覧です: 木次線1453D列車:

« 3週連続 2459レ | トップページ | 夕陽 »