« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010年4月27日 (火)

常磐線 92列車

20100427_01

すっきりとした築堤は、ローアングルで、青空との対比を―――
などと考えていると、いつのまにか列車接近。

振り返り、太陽を見ると、いまにも雲に隠れそう。
頼む、1分だけ待ってくれ・・・ままよ、とレリーズ。

ファインダーから目を離した直後、周囲は色を失った。

2010年04月18日 92レ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月25日 (日)

最後の“ぐるり北海道” #3

20100424_01

青い機関車が、青い客車を牽く。
客車と同じ色でも存在感を失っていないのは、裾の白い帯のおかげでしょう。

もうもうと黒煙を上げながら、全力で駆け抜けていきました。
終点の札幌まで、あと1時間。

2010年03月18日 1レ 白老-社台

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月22日 (木)

EF81 流星色

20100420_01

星ガマを見ると、横から流して撮りたくなる今日この頃。
そうそう、うまくはいかないんですけどね。

2010年04月18日 5388レ 泉-植田

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月11日 (日)

さよなら中央線201系 H4編成 河口湖

20100411_01

中央線201系の『引退興行』が始まりました。

6月までの3か月間に、河口湖、奥多摩、五日市などを往き来し、最後の花道といえる松本までのツアーは、同編成の廃車回送も兼ねているという、ある意味商魂たくましい企画です。まぁ、こういう形で盛り上げるのも良いんじゃないでしょうか。

特製のヘッドマークは意外に凝った作りをしています。
JRの中の人にとっても、思い入れのある車輌なんでしょうね。

2010年04月11日 9527M 高尾-相模湖

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月10日 (土)

桜咲く多摩川線

20100410_01

新101系への置き換えが進む西武多摩川線。

ひと頃は沿線に住んでいたこともあり、馴染みも思い出も深い路線です。

野川公園の桜との組み合わせも、今年限りなのでしょうか。

2010年04月03日 新小金井-多磨

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 7日 (水)

春は菜の花 #4

20100406_01

高崎線の撮影地を後にして、ふと思いつき、秩父鉄道に寄り道。

案の定、秩父も菜の花が盛りだくさんでした。

前パンを振りかざし走る1000系は、なかなか格好良いです。
どの電車もパンタグラフは先頭車に設置してほしい、と思ったりして。

菜の花のシーズンも、そろそろ終盤。
今年もいろいろ撮りましたなぁ。

2010年03月30日 1541列車 大麻生-明戸

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 5日 (月)

春は菜の花 #3

20100405_01

カシオペアを撮った後、高崎線に寄ってみたら、ここも菜の花が山盛り。

185系の、規則正しく並ぶ3色のブロックパターンが気持ちいいです。

しかしまぁ、菜の花はどこにでも生えますね。
すごい生命力。

2010年03月30日 3005M 岡部-本庄

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 4日 (日)

春は菜の花 #2

20100403_01_2

春休み恒例の舞浜臨が、今季も多数設定されました。

抜けるような青空の下、山盛りの菜の花を添え、一枚。

2010年になっても、583系が現役で存在することに感謝。

03月27日 回9766M

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 3日 (土)

春は菜の花 #1

東京は桜も満開。すっかり春の雰囲気ですね。

桜もよいですが、春といえばやはり菜の花!
かくして、ここ数日は菜の花ばかり撮るのでした。

2010年03月30日 8010レ EF8199 栗橋-東鷲宮

20100402_01

この構図は、北斗星よりもカシオペアのほうが春らしさが際立ちます。
これは意外でした。カシオペアは絵になる撮り方が掴めず、なかなか悩ましい列車ですが、ひとつの解を見つけたような気分です。

この写真を撮ったとき、以前に1度お会いしたniskさんと偶然再会しました。
お話ししてみると、お互いに同じ構図を考えていたようで・・・・
これはもはや偶然とは言えないかもしれませんね。

春めいた陽気の中、楽しく撮影することができました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »