« 大型連休・西日本の旅 #2 ナローゲージの北勢線 | トップページ | 大型連休・西日本の旅 #4 雷鳥と日本海 »

2010年5月 7日 (金)

大型連休・西日本の旅 #3 キハ181系特急はまかぜ

20100506_01

播但線の 特急はまかぜ は、現在キハ181系が定期運用に入る唯一の列車です。後継のキハ189系も既にロールアウトしており、退役はもはや秒読み段階。せっかく西日本に来たのですから、この機会を逃す手はありません。

はまかぜを撮ると決めたはよいものの、諸々の制約を踏まえると、撮れるのは上り4号のみ。この際なので、はまかぜ1号で和田山に行くことにしました。

大阪駅4番線。はまかぜの車内は国鉄の匂いに溢れてました。これまでの旅の記憶が一気に甦るような、とても懐かしい匂いです。せっかくなのでネット経由でも国鉄臭を共有したいところですが、このハイテクなご時世でも匂いの情報化はあまり進んでいませんね。

うぐいす色の103系を横目に、大阪駅を出発。

自由席の客入りは、大阪発車の時点で窓側の席が2/3埋まる程度と、大型連休2日目にしてはやや寂しいものがあります。しかし三ノ宮、神戸、明石と停まるにつれ乗客は徐々に増え、姫路からは立席が出るほどの混雑に。新型車輌が投入されるだけはあります。

大阪から2時間余で和田山駅に到着。驚くべきことにホーム上に駅そば屋がありました。支線の分岐駅とはいえ、この規模で駅そば屋が健在なのは、いまとなってはかなり貴重です。駅そば屋の保護のため、たとえ満腹でも極力食べる運動をごく私的にこっそりと行っていますが、当然ながらここでも食べました。

20100506_02

出汁は関西風のうす口で、麺は黒いです。お味は普通ですが、駅そばの存在そのものに意義があります。

はまかぜ4号の通過までは3時間ほどあったので、その間はロケハンがてら和田山をうろうろ。今回撮った場所以外にも、いくつか良さそうな場所を見つけることができました。機会があればまた訪問したいところです。

|

« 大型連休・西日本の旅 #2 ナローゲージの北勢線 | トップページ | 大型連休・西日本の旅 #4 雷鳥と日本海 »

JR西日本」カテゴリの記事

旅行記」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/542091/48298968

この記事へのトラックバック一覧です: 大型連休・西日本の旅 #3 キハ181系特急はまかぜ:

« 大型連休・西日本の旅 #2 ナローゲージの北勢線 | トップページ | 大型連休・西日本の旅 #4 雷鳥と日本海 »