« 夏の北陸 2010 #2 二塚の専用線(1) | トップページ | 引退間近の201系と国立駅 »

2010年9月11日 (土)

夏の北陸 2010 #3 二塚の専用線(2)

20100911_01

専用線でスイッチャーを見届けた後、二塚駅に戻りました。猛烈な日差しにやられ、たまらず避難したようなものです。貨物列車が到着するまでの間、待合室でほげーと過ごします。この駅は駅員さんの制服から察するに、JR貨物に業務を委託しているようです。

10時30分、二塚駅の下り線に入線した貨物列車を跨線橋からシュート。駅のホームがあることで、不思議とリアリティが増すような気がします。写真の左端に見えるコンテナは前回の記事で送り込まれたもので、折り返しの貨物列車の荷となります。

列車は止まらずに跨線橋をくぐります。振り返り、後追いをもう一発。

20100911_02

直進の方向が城端線の本線で、左側に開いた転轍機の先が専用線です。 列車は係員のあたりで停まります。機関車は貨車と切り離され、一旦専用線との分岐より先に引き上げます。その間にスイッチャーが専用線からやってきて本線に入り貨車と連結し、すぐさま専用線へと出発、引き上げていた機関車は下り線に戻る・・・・といった流れです。

入換作業をしている間に駅を出て、専用線の方に向かったものの、のそのそ歩いている間にスイッチャーが貨車を牽いて動き出していました。間に合うか・・・

20100911_03

なんとか撮ったのがこの1枚。立ち並ぶ民家の間から唐突にコンテナが覗くさまはなんとも面白いです。列車は早歩きのような速度で工場へと向かいます。

20100911_04

コキ10両ともなると壮観です。暑さも忘れて撮りまくりました。

2010年09月04日 二塚

|

« 夏の北陸 2010 #2 二塚の専用線(1) | トップページ | 引退間近の201系と国立駅 »

JR貨物」カテゴリの記事

旅行記」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/542091/49420379

この記事へのトラックバック一覧です: 夏の北陸 2010 #3 二塚の専用線(2):

« 夏の北陸 2010 #2 二塚の専用線(1) | トップページ | 引退間近の201系と国立駅 »