« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

2010年10月31日 (日)

頑張るぐんまの中小私鉄フェア2010 #3 デハ101の車内に迫る

20101024_03

イベント会場を後にし、大胡駅に戻るとデハ101が午後の臨時運転に備え待機していました。
人出も落ち着いてきたので、発車時間まで車内をじっくり観察。

20101024_08

木製ニス塗り仕上げの室内に、白熱灯の照明が灯ります。

20101024_07

製造銘板をズームアップ。“神戸 川崎車輌會社 昭和参年”とあります。

20101024_04

非常用ドアコックの表示。

20101024_06

壁にぽろりんと非常弁がぶら下がっていました。

20101024_05

扉の上には沿線案内。表示はいずれも琺瑯製で、時代を感じます。

20101024_10

使い込まれ磨かれた真鍮の手ブレーキハンドル。

20101024_09

手ブレーキの反対側には運転席。コンパクトにまとめられています。
マスコンの天板には“WESTINGHOUSE”と刻まれていました。
電車の制御技術は海外メーカーからの技術導入で成り立っていたことがわかります。

2010年10月24日 上毛電鉄 大胡駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月30日 (土)

頑張るぐんまの中小私鉄フェア2010 #2 大胡車庫でのイベント

20101024_11

桃ノ木川でデハ101を撮った後は、イベント会場の大胡電車庫へと向かいました。大胡駅を出て、やや勾配のきつい坂道を登ると、側線群に並ぶ展示車両と、その奥に特徴的な木造の車庫が見えてきます。空模様はいまひとつですが、なかなかの人出です。デハ101も既に展示されていました。

20101024_15

まずは車庫に入ります。上毛線の開業と同じく1928年(昭和3年)に竣工したこの車庫は2007年に国の登録有形文化財に指定されています。写真の奥にある広いスペースでは地元の飲食店や鉄道会社などが出店し、軽食やグッズの販売を繰り広げていました。構内では人車を模した手押しのトロッコが行き交い、検修線のピットでは子供たちが走りまわっていたり、かなり自由な雰囲気です。

20101024_14

20101024_13

検修庫の隅に「工作室」なるスペースがあり、ボール盤や旋盤などの工作機械が並んでいます。やたらベルトがぶら下がっているのは動力を伝達するためで、工作室の隅にあるモーターで天井のシャフトを回転し、これにベルトを掛けて各機械に動力を伝える仕組みです。動力源が高価だった時代の仕組みで、相当な年代物であることは間違いなさそうです。

20101024_12

車庫を出て、デハ101をじっくり眺めます。ぶどう色に塗られた車体は、光の当たり具合で黒から茶色へと微妙に表情を変えます。これが実に美しい!

20101024_16

2010年10月24日 上毛電鉄 大胡電車庫

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月27日 (水)

北東北・函館フリー乗車券

20101025_02

JR東日本のプレスリリースで、来たる12月4日の東北新幹線新青森開業にともない、おトクなきっぷの見直しをする旨、発表がありました。

これにより、首都圏から北東北方面への商品である「青森・函館フリーきっぷ」「秋田・大館フリーきっぷ」も発売終了となり、後継として「北東北・函館フリー乗車券」が発売されます。商品の詳細な説明はこちらに譲りますが、ちょっと評価に悩む商品でした。

【よいところ】

  • JR以外の路線がフリーエリアに加わった!

フリーエリアにJR以外の路線(青い森鉄道、IGRいわて銀河鉄道、三陸鉄道(北リアス線)と秋田内陸縦貫鉄道)が加わりました。これらの路線に乗るのであれば、ごく一部の例外を除いて確実に元が取れます。
北斗星に乗りやすくなったのも隠れたメリットのひとつ。「青森・函館」では別途青い森とIGRの乗車券が必要でしたが、このきっぷは同社の路線も有効なため、別途乗車券を買う必要がありません。

  • 岩手県北部もフリーエリアに加わった!

従来の「青森・函館」「秋田・大館」のフリーエリアに加え、岩手県北部もフリーエリアに加わりました。対首都圏輸送で競合する交通機関のない岩手県は、おトクなきっぷが設定されにくいエリア(*1)です。往復の乗車券の代金にちょっと上乗せするだけで広大なフリーエリアが付くのは魅力的です。

【いまひとつ】

  • フリーエリア内までの往復も乗車券のみ! とはいかがなものか?

フリーエリアまでの往復部分も乗車券のみとなりました。これは理解に苦しみます。首都圏からフリーエリア入口の盛岡駅(*2)まで10時間以上かけて普通列車で移動する乗客を考慮したのでしょうか? その割には途中下車すら認めておらず、基本的に新幹線の利用を想定していることは明らかです。
やはり500km以上も離れていることですし、最低でもフリーエリアまでの往復は料金券不要で利用できるほうが良いと思います。このままだと(売り方にもよりますが)現実的には追加料金が必要なのにもかかわらず、一部分の価格を提示して割安を謳う商品に見えてしまい、要らぬ誤解を招くかもしれません。

  • 有効期間が短くなった

従来の「青森・函館」「秋田・大館」では7日間でしたが、5日間と若干短くなりました。会社勤めの身としては十分ですが、フリーエリアが広がったのに有効期間が短くなったのは何となく残念な気もします。

全体を通してみても、やはり評価は定まりません。全線開業後しばらくして落ち着いた頃に再び見直しが入るでしょうから、そのときの動きに注目したいと思います。

2003年05月01日 三厩駅

(*1) 東日本全線フリー以外の商品としては、新幹線八戸開業後の一時期「岩手・三陸フリーきっぷ」「ふたりの北東北フリーきっぷ」などが設定されていた程度。
(*2) 「あけぼの号」を利用する場合に限り羽越線経由も利用できる。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年10月24日 (日)

頑張るぐんまの中小私鉄フェア2010 #1 デハ101の臨時電車

20101024_01

群馬の私鉄3社(上信電鉄、わたらせ渓谷鐵道、上毛電鉄)が合同で開催するイベント『頑張るぐんまの中小私鉄フェア2010』に行きました。この日は上毛電鉄が誇る旧型電車「デハ101」が臨時に運行されるとのことで、イベントを見学する前に沿線で撮ってみました。

まずは富士山下駅近くの渡良瀬川橋梁にて。車齢実に80有余年でありながら意外にスピードが乗っています。古豪未だ健在! といった趣です。

その後ダッシュでこの列車に乗り、上泉駅で下車。桃ノ木川の堤防で返しを待ちます。ここでも流し撮り。

20101024_02

古めかしいパンタグラフを振りかざし、釣り掛けサウンドを高らかに奏でながら走り去るその姿は、何とも言いようのない魅力に溢れています。夢中になってシャッターを切っていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月23日 (土)

EF65PF流し撮り

20101023_01

夕方、すこし暇ができたのでズーム流しの練習をしてみました。
今回はSS=1/30sec.に挑戦。
ちょっと中心に寄っているものの、動感は出てるかと。
歩留まりは相変わらず低いですが、なかなか楽しめました。

その後、周辺をうろうろしていたら、刈り取りの済んでいない田んぼを発見。
日暮れまでのしばしの間、遠景で遊んでいました。

20101023_02

黄金色に輝く稲穂のシーズンも、そろそろおしまいですね。

2010年10月23日 2078レ 東浦和

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月20日 (水)

金太郎 天高く

20101017_04

澄んだ青空、流れる雲、コンテナ満載の金太郎。

これも東北の秋。

2010年10月16日 3064レ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月17日 (日)

583系団臨「青森行き 特急『はつかり』の旅」

20101017_11

収穫した稲を天日干しする光景は、コンバインと乾燥機の普及により急速に姿を消してしまいました。干し方にはいくつか手法があって、木の柱を縦横に組み、地面と水平に稲束を架ける「はさ掛け」、この写真のように地面に垂直に柱を立て稲束を巻きつける「くい掛け」 など、地域によってさまざまです。単に地域の伝統だと思っていましたが、さにあらず。こちらのサイト(米作りQ&A)によりますと、地形や気候条件に即した手法を選んでいるそうです。しっかり理由があったんですね。

この「はつかり」が現役だった頃は、この時期になると車窓いっぱいに稲束を天日干しする風景に囲まれていたことでしょう。そんな情景に思いを馳せつつ、はつかりを見送るのでした。

その後、この場所での先客さんと共に近くの撮影地をロケハンするなど、撮り終えてからもなかなか楽しい撮影行でした。編成重視で撮りたくなるような被写体なのに、あえて風景で狙うあたり、感覚が合ったのかもしれません。

2010年10月16日 9015M

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年10月13日 (水)

鶴見線・南武支線開業80周年記念パス

20101013_03

立川駅で 『鶴見線・南武支線ガイドブック』 なるパンフレットを拾いました。両路線は今年開業80周年を迎え、これを記念して作成されたようです。路線の足跡や沿線の見どころなどをまとめた内容で、なかなか読み応えがあり、よく出来ています。

しかも、期間限定ではあるものの 『鶴見線・南武支線開業80周年記念パス』 なるフリーきっぷも発売されたそうです。詳細な説明はこちらに譲りますが、京浜急行や臨港バスの一部路線もフリーエリアに入っており、横の連携もよくできています。

鶴見線は平日の昼間に乗るとお手軽に非日常感を味わえて、けっこう好きです。近いうち、このきっぷを片手にぶらりと行ってみようかな? と思うのでした。

20101013_04

2002年07月22日 鶴見駅/扇町駅(平日の昼間はおしなべて乗客は少ない)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月10日 (日)

中央線201系 最後の1週間

20101010_01

10月17日のラストランまで、あと7日。
きょうも普段どおり運用に入っていました。

日々の業務を淡々と行い、すっと消える。
通勤列車らしい引き際です。

2010年09月18日 西国分寺

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年10月 9日 (土)

平兵衛まつり 2010

20101009_00

鉄道総研の一般公開『平兵衛まつり』に今年も行きました。あくまで地域の方々との交流がメインのため、広く告知はしておらず雰囲気は至ってゆるやか。家族連れでのんびりと楽しめるイベントです。

実験線での展示は、昨年と同じくHi-tramの試乗会。去年と変わり映えしませんが、今年は乗車に先立ちICカードが渡されました。Hi-tramの車内にICカードリーダとゲートが追加されており、車内で改札するという仕組みのようです。

20101009_02

なかなか厳重(?)なゲートが実装されています。
電車から下りるときもタッチします。

20101009_03

路線バスでの対応を考えると、車内ゲートの必要性がよく分かりませんが、まとまった需要はあるものの、駅を有人化するほどでもない規模の路線における集改札システムを想定しているのかも。展示員さんに聞けばよかったですね。

【鉄道模型コーナー】

20101009_05

20101009_07

20101009_08

往年の東北本線を偲ばせるED75の重連貨物に、我を忘れて見入ってしまいました。HOゲージともなると、さすがにリアルです。

【車両試験台】

説明員さんのお話によると5年振りの公開とのこと。撮影禁止のため写真はありませんが、車両試験台とはこのような設備です。ここ数年は試験中の車両が据え付けられており、公開できなかった、とのこと。

いくつかの説明の後、建屋に入ります。小さめの体育館ほどの大きさで、2階の通路から設備を俯瞰するようなアングルで見学しました。そこかしこに漂う機械油の匂いが、鉄道車両が機械であるという当たり前の事実を思い知らせます。国内の新幹線車両は大抵ここで試験しているそうです。ただ、実車全体を搬入しているわけではなく、ほとんどは台車のみで、車体は仮の車体に死重を載せて再現しているとのこと。開発中の車両の搬入シーンを見たいという思いはもろくも崩れ去りました。

【昼食】

20101009_04

このような一般公開イベントでは、普段食することのできない社員食堂に入れるのも楽しみのひとつです。今年は本館の喫茶室でハンバーグカレー(380円)を頂きました。ハンバーグも大きく、なかなかのお味です。

来年の再訪を誓いながら、会場を後にしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 6日 (水)

どうなる鉄道石油輸送

20101006_01

夕方、ネット散策をしていたら、とても気になる記事が。

国内最大級・根岸製油所の閉鎖検討 (2010年10月6日読売新聞)

仮に現実となれば、鉄道石油輸送にとって相当なインパクトとなるでしょう。
公式サイトでは決定した事実はない旨のコメントを発表していますが・・・。

写真は根岸とはあまり関係なく、浜川崎行きの5582レです。
季節外れの菜の花ですが、銀タキに惹かれて、ついつい選んでしまいました。

2010年03月30日 栗橋

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 5日 (火)

夏の北陸 2010 #9 高山本線に残るキハ58系(2)

20100929_05

西富山から上り列車に乗り、田んぼが広がるエリアへ。
黄金色に輝く稲穂を期待したものの、既に刈り取られていました。
間に合わず、ちょっと残念ですが、キハ58が走っているだけで十分です。

2010年09月06日 844D

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »