« 頑張るぐんまの中小私鉄フェア2010 #1 デハ101の臨時電車 | トップページ | 頑張るぐんまの中小私鉄フェア2010 #2 大胡車庫でのイベント »

2010年10月27日 (水)

北東北・函館フリー乗車券

20101025_02

JR東日本のプレスリリースで、来たる12月4日の東北新幹線新青森開業にともない、おトクなきっぷの見直しをする旨、発表がありました。

これにより、首都圏から北東北方面への商品である「青森・函館フリーきっぷ」「秋田・大館フリーきっぷ」も発売終了となり、後継として「北東北・函館フリー乗車券」が発売されます。商品の詳細な説明はこちらに譲りますが、ちょっと評価に悩む商品でした。

【よいところ】

  • JR以外の路線がフリーエリアに加わった!

フリーエリアにJR以外の路線(青い森鉄道、IGRいわて銀河鉄道、三陸鉄道(北リアス線)と秋田内陸縦貫鉄道)が加わりました。これらの路線に乗るのであれば、ごく一部の例外を除いて確実に元が取れます。
北斗星に乗りやすくなったのも隠れたメリットのひとつ。「青森・函館」では別途青い森とIGRの乗車券が必要でしたが、このきっぷは同社の路線も有効なため、別途乗車券を買う必要がありません。

  • 岩手県北部もフリーエリアに加わった!

従来の「青森・函館」「秋田・大館」のフリーエリアに加え、岩手県北部もフリーエリアに加わりました。対首都圏輸送で競合する交通機関のない岩手県は、おトクなきっぷが設定されにくいエリア(*1)です。往復の乗車券の代金にちょっと上乗せするだけで広大なフリーエリアが付くのは魅力的です。

【いまひとつ】

  • フリーエリア内までの往復も乗車券のみ! とはいかがなものか?

フリーエリアまでの往復部分も乗車券のみとなりました。これは理解に苦しみます。首都圏からフリーエリア入口の盛岡駅(*2)まで10時間以上かけて普通列車で移動する乗客を考慮したのでしょうか? その割には途中下車すら認めておらず、基本的に新幹線の利用を想定していることは明らかです。
やはり500km以上も離れていることですし、最低でもフリーエリアまでの往復は料金券不要で利用できるほうが良いと思います。このままだと(売り方にもよりますが)現実的には追加料金が必要なのにもかかわらず、一部分の価格を提示して割安を謳う商品に見えてしまい、要らぬ誤解を招くかもしれません。

  • 有効期間が短くなった

従来の「青森・函館」「秋田・大館」では7日間でしたが、5日間と若干短くなりました。会社勤めの身としては十分ですが、フリーエリアが広がったのに有効期間が短くなったのは何となく残念な気もします。

全体を通してみても、やはり評価は定まりません。全線開業後しばらくして落ち着いた頃に再び見直しが入るでしょうから、そのときの動きに注目したいと思います。

2003年05月01日 三厩駅

(*1) 東日本全線フリー以外の商品としては、新幹線八戸開業後の一時期「岩手・三陸フリーきっぷ」「ふたりの北東北フリーきっぷ」などが設定されていた程度。
(*2) 「あけぼの号」を利用する場合に限り羽越線経由も利用できる。

|

« 頑張るぐんまの中小私鉄フェア2010 #1 デハ101の臨時電車 | トップページ | 頑張るぐんまの中小私鉄フェア2010 #2 大胡車庫でのイベント »

JR東日本」カテゴリの記事

きっぷ」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、「お得なきっぷ」(乗り放題シリーズ「庄内と北陸を除く」)の新幹線・特急、指定快速列車等の別払い制には納得出来ません。
新幹線・特急列車、指定快速列車等の別払いで旅行者の負担が更に増されては本当に困ります。これじゃボッタクリ行為としか言い様がありません。
国民消費生活センターのメスを入れてほしいです。

投稿: きょうじ | 2010年12月20日 (月) 15時54分

> きょうじさん

初めまして。
コメントありがとうございます。
確かに、庄内フリーと北陸フリー以外は料金券部分が付かなくなりましたね。少なくともフリーエリアまでの往復は料金券部分も含む形のほうが分かりやすいと思うのですが・・・・
まぁ、売れ行きが芳しくなければいずれテコ入れがあるでしょうから、今後の対応に注視したいところです。

投稿: まくらぎ | 2010年12月20日 (月) 22時07分

JR東日本へ苦情を問い合わせた結果
『このたびのご意見につきまして、以下のとおり回答させていただきます。東北新幹線の新青森駅開業を踏まえまして、新青森を中心とした広域観光需要に対応するため、「青森・函館フリーきっぷ」と「秋田・大館フリーきっぷ」のフリーエリアを統合いたしました。また、地方鉄道やバス会社と連携し、お客さまの利便性の向上を図りました。また、新幹線や特急列車の料金をあらかじめ含んだ価格設定となっているため、普通列車等でご旅行されるお客さまにとっては割高感がありました。一方、昨年設定した「ツーデーパス」は運賃のみのフリーパスとし、新幹線・特急列車をご利用の際は、別途、特急券をご購入いただく形としましたが、より幅広いご利用があり、たいへんご好評をいただきました。こうした結果を踏まえまして、「青森・函館フリーきっぷ」、「秋田・大館フリーきっぷ」を「北東北・函館フリー乗車券」として運賃のみの往復+フリーきっぷにリニューアルすることとし、より幅広く、自由に鉄道旅行をお楽しみいただけるようにいたしました。ご了承いただきますようお願いいたします。』

JR東日本管内(北陸フリーきっぷ、庄内フリーきっぷを除く)及び、JR北海道の一部を含み、「お得のきっぷ」乗車券タイプのみのみ新幹線・特急および全車両座席指定制の特別列車は別料金制に改悪させられ旅行者の負担が増し、今まで発売されていた。お得のきっぷの標準価格より改悪による値上げですよ!!
何が『新幹線や特急列車の料金をあらかじめ含んだ価格設定となっているため、普通列車等でご旅行されるお客さまにとっては割高感がありました。一方、昨年設定した「ツーデーパス」は運賃のみのフリーパスとし、新幹線・特急列車をご利用の際は、別途、特急券をご購入いただく形としましたが、より幅広いご利用があり、たいへんご好評をいただきました。』理不尽な回答に憤りを感じ!!今時、東北方面へ普通列車を何度も乗り継いで長距離移動する旅行者いますか?最近の車両(都心に乗り入れる中距離型系の211系一部、E217系、E231系・E233系近郊仕様【グリーン車を含み一部ボックス席在り】、E531系【グリーン車を含み一部ボックス席在り】かつて都心に乗り入れていたが後継車両に譲られ現在はローカル仕様なった415系の一部、209系【千葉以東の房総各線仕様一部ボックス席在り元、京浜東北線からの改造車両】E501系、E127系【大糸線東日本管内電化区間仕様車のみボックス席在り】701系【田沢湖線、奥羽本線福島~新庄山形新幹線・秋田新幹線併用標準軌区間仕様車両はボックス席在り】、久留里線の気動車全車両、キハ40系列【磐越西線・白新線~羽越本線酒田以南の区間、米坂線運用の一部のみ】)は東京近郊の通勤電車の様な横並びのベンチシートが多くなりボックス席が減少し旅情も失われ、運転区間も縮小しているよ、例として、青森まで新幹線を使わないで鈍行何度も乗り継ぎ(乗り換え時間を含む)何時間かかるの?と厭きれるばかりです。スピードと乗り換えが少なくて済む時代だというのに、せっかく、新幹線が新青森まで開業して便利になったのに、お得のきっぷ(新幹線・特急および全車両座席指定制の特別列車は別料金化)は使い物にならん、値上げ当然納得できません、運賃のみのフリーパスとし、新幹線・特急列車をご利用の際は、別途、特急券をご購入いただく形は首都圏近郊(常磐線各駅停車及び総武中央線各駅停車と相互乗り入れを行っている東京メトロを含み、JR東海の東海道新幹線、御殿場線・身延線を除く)の通勤電車圏のみして、また、提案として、新幹線・特急(自由席乗り放題及び指定席4~6回まで発行と全席指定の特別列車込みのタイプと乗車券タイプとシリーズ2タイプで発売すればいいと思います。

投稿: ぎょうじ | 2011年2月22日 (火) 23時45分

>ぎょうじさん

発売から3ヶ月近くなりますが、実際のところ売れ行きはどうなんでしょうね?

商品変更の背景には、景気悪化や高速道路の大幅割引による収益悪化などの要因もあるかと思います。
他鉄道会社との連携など良い点もありますので、より魅力ある商品を期待したいものです。

投稿: まくらぎ | 2011年2月24日 (木) 00時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/542091/49864704

この記事へのトラックバック一覧です: 北東北・函館フリー乗車券:

« 頑張るぐんまの中小私鉄フェア2010 #1 デハ101の臨時電車 | トップページ | 頑張るぐんまの中小私鉄フェア2010 #2 大胡車庫でのイベント »