« 連結面 #1 | トップページ | 分岐器 #3 東北本線 仙台総合鉄道部 »

2011年1月11日 (火)

連結面 #2

20110111_01

日常的に分割併合を行う路線は数多くありますが、代表的な路線をひとつ挙げるとするならば、やはり東北新幹線の『はやて・こまち』ではないかと。

盛岡駅11番線、先着する『はやて』に続き『こまち』がしずしずと入線しやわやわと連結されるシーンは今もなお観客が絶えません。秋田新幹線がある限り日々継続して行われるであろう手続きですが、車輌はまもなく置き換わろうとしています。今はまだ当たり前のように運行されていますが、E2系とE3系との組み合わせも徐々にその数を減らすことでしょう。

2011年01月10日 5084B 盛岡駅

|

« 連結面 #1 | トップページ | 分岐器 #3 東北本線 仙台総合鉄道部 »

JR東日本」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/542091/50562426

この記事へのトラックバック一覧です: 連結面 #2:

« 連結面 #1 | トップページ | 分岐器 #3 東北本線 仙台総合鉄道部 »