« 国鉄電車特急の終焉 | トップページ | 廃止直前のエチレン貨物列車 »

2011年3月21日 (月)

震災に思う

20110319_01

誰もが経験したことのない規模の災害が起きてしまいました。
被災された方々には心よりお見舞い申し上げますとともに、一日も早く普段通りの生活に戻れることを願わずにはいられません。

地震から数日は、生まれ故郷であり愛する東北が信じられない状況にあることに平常心を失い、半ば放心状態でネットとテレビを見続けていました。そのうち、自分の身の回りにもいくつかの出来事がありました。このままではどうしようもないので、自分ができることは何か、今後どのような心持ちで過ごしていけばよいかを考えてみました。

出てきた結論は「普段通りの生活に戻る」という、至って単純なものでした。仕事も日常生活も普段通りに行い、お金を回すことが間接的ながらも復興への貢献に繋がるのではないかと思うわけです。あえて言うと、普通に活動できる人は過度な自粛をせず、趣味や娯楽などを含めて、普段通りに日常生活を楽しむ、ということです。被災地の今まさに困っている人に直接的に貢献できることは、自分のリソースでは義援金の他に思い当たらず、ささやかながら協力しました。

ここ関東は春が訪れつつあります。必ず春は来ます。

2011年03月21日 まくらぎ拝

|

« 国鉄電車特急の終焉 | トップページ | 廃止直前のエチレン貨物列車 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ああよかった。ずっと心配していました。
エントリーがあってホッとしました。
思い出や近しい方も多いだろう場所での今回の震災、
心よりお見舞い申し上げます。
これまでは西に行くことが多かったのですが、
復興が始まったら、積極的にこちら方面を訪れてお金を使い、
日常にあっては産物を積極的に買おうと思ってます。

投稿: xiaokobamiki | 2011年3月22日 (火) 02時28分

> xiaokobamiki さん

いやどうも、ご心配をおかけしたようで申し訳ありません。
本来はもっと早くエントリーすればよかったのですが、日々茫然と過ごしてしまい、考えもまとまらずどうにも手がつけられませんでした。

復興したら現地の農産物をどんどん買って、現地に足を運んで美味しいものを食べたいと思っています。食べることばかりですが。

投稿: まくらぎ | 2011年3月22日 (火) 23時55分

まくらぎさんがご無事でなによりです。
思い出の地である地元が今回の大地震で被災し気が気でないと思いますが、どうかお体にはお気をつけください。まずはまくらぎさんが元気でいる事が大事ですからね。
私事になりますが、昔大変お世話になった方が名取に住んでいるのですがどうしているかとても心配です。電話番号も住所もわからないので連絡のとりようがありません。避難所などにいてくれるといいのですが・・・
被災地の方々には心よりお見舞い申し上げます。

投稿: d51yattyan | 2011年3月23日 (水) 12時38分

> d51yattyanさん

ありがとうございます。まずは体が大事ですよね。

名取ですか・・・それは心配ですね。
Googleにパーソンファインダーというサービスがあります。
避難所の名簿も入力されているようなので、
気になるのであれば検索してみてはいかがでしょうか?
ご参考までに。http://japan.person-finder.appspot.com/

投稿: まくらぎ | 2011年3月24日 (木) 22時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/542091/51184676

この記事へのトラックバック一覧です: 震災に思う:

« 国鉄電車特急の終焉 | トップページ | 廃止直前のエチレン貨物列車 »