« 残堀川の桜と115系 | トップページ | 春の小湊鐵道をゆく »

2011年4月20日 (水)

東海の117系快速運用

20110320_03

117系はこちらこちらなどでしばしば取り上げてますが、相変わらず気になる存在です。2扉車、転換クロスシート、つり革極少という接客設備ゆえ混雑時の運用には難があり、かといって構造上3両編成以下には組成できず閑散線区には輸送力が過大と、どうも適材適所が見当たりません。多数の電化路線を抱えるJR西日本はともかく、JR東海では東海道線くらいしか活用できる路線がなさそうで、熱田の電留線で朝から晩まで昼寝する117系を見るたび、実にもったいないものだなぁ・・・と思うのです。

そんな東海の117系も新車に追われ続々と運用を離脱し始めました。ダイヤ改正を目前に控え、頭の片隅でもやもやとしていた3月上旬、幸運にも名古屋に訪問する機会に恵まれ、平日上りの快速運用を捕らえることができました。午前7時58分、『快速』幕を誇らしげに掲げ、堂々の8両編成で通過。朝の斜光線のおかげで鼻筋が強調されたのもいい感じです。

初めて117系に乗ったのは16年前の夏、18きっぷで東海道線を南下したときでした。ずらりと並ぶ転換クロスシート、木目調の落ち着いた仕切板、こんな普通電車があるものかと少なからず衝撃を受けたものです。

20110320_07

その後さらに南下し、並行する名鉄のパノラマカーや路面電車などを見るうちに、東京から連綿と続く太平洋ベルト各都市のインフラの厚さを身を持って体感するに至り、東北から出て間もない自分にとって大いに目を見開かれる体験でした。

その頃の思い出も相まって、117系は未だ『気になる存在』であり続けています。

2011年03月09日 2506F 岐阜-木曽川

|

« 残堀川の桜と115系 | トップページ | 春の小湊鐵道をゆく »

JR東海」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

和歌山の117系、色合いが好きです。
あのエメラルドグリーンっぽいのがhappy01

投稿: 徒歩三千里 | 2011年4月21日 (木) 23時04分

和歌山色・・・オーシャングリーン、というらしいですね。
あれは明るくていいですね。

投稿: まくらぎ | 2011年4月25日 (月) 00時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/542091/51432107

この記事へのトラックバック一覧です: 東海の117系快速運用:

« 残堀川の桜と115系 | トップページ | 春の小湊鐵道をゆく »