« 震災に思う | トップページ | 残堀川の桜と115系 »

2011年4月13日 (水)

廃止直前のエチレン貨物列車

20110320_04

雷鳥を見送った翌日は、名古屋に寄る機会に恵まれました。
これ幸いとばかりに、3月末で廃止予定のエチレン貨物を見送りに関西本線へ。

とある駅の片隅で待っていると、重連のDD51がわずか4両のコキを牽いて入線。
積荷の寂しさが終わりの近いことを物語るかのようです。

この駅では中線に入らずそのまま通過・・・
出発信号の手前あたりからノッチを投入、熱気を上げて去っていきました。

20110320_05

DD51といえば、いままさに磐越西線経由での石油輸送で大活躍しています。
迂回輸送にあたり各地のDD51が新潟に集結され、関西本線を担当する愛知機関区からも 832号機が応援に入っているようです。早期に迂回輸送が実現したのは、最近までDD51によるセメント輸送が行われていたという要因もありますが、やはり関係各位の努力と熱意に依るところが大きいと思います。何よりも、JR在来線による貨物輸送の価値が再認識されたのではないでしょうか。

2011年03月09日 5381レ 永和

|

« 震災に思う | トップページ | 残堀川の桜と115系 »

JR貨物」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

何時も……どうもです(笑)

貴重な凸凸+エチレンは貴重になってしまいますね。

あ〜どこかの凸凸+タキも良かったですね。

投稿: 徒歩三千里 | 2011年4月14日 (木) 13時50分

こちらこそ・・・どうもです(笑

これだけDD51に注目が集まる春になるとは思いませんでした。

投稿: まくらぎ | 2011年4月16日 (土) 10時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/542091/51376094

この記事へのトラックバック一覧です: 廃止直前のエチレン貨物列車:

« 震災に思う | トップページ | 残堀川の桜と115系 »