« 583系あれこれ #1 新幹線との意外な共通点 | トップページ | 天下の険 »

2011年5月31日 (火)

583系あれこれ #2 「ヨンサントオ」の時刻表と583系

20110523_12

1968年(昭和43年)に東北本線の全線複線電化が完成、同年10月1日のダイヤ改正より、特急「はつかり」「ゆうづる」「はくつる」に583系電車が投入されました。時刻表の表紙もご覧の通り、馬淵川を颯爽と渡る583系をダイナミックに切り取っています。

時刻表のダイヤ改正特集では4ページすべてを東北特急のPRに充てています。
見出しをいくつか拾ってみますと・・・

特急 東北本線 複線・電化完成!!
東北・北海道方面へのご旅行がぐーんと便利になります
~上野・青森間を走る月光型特急
 ~昼はゆったりした座席
 ~夜はゆったりした寝台

特急 上野・青森間8時間30分運転・・・2時間短縮
昼行特急「はつかり」2往復 夜行特急「はくつる」1往復 「ゆうづる」2往復

特急 上野・仙台間3時間53分運転・・・40分短縮
特急「ひばり」5往復 急行「まつしま」5往復

特急 上野・山形間4時間35分運転・・・1時間短縮
特急「やまばと」2往復 「ざおう」3往復

一気に2時間短縮とは、今で言うところの新幹線開業のようなインパクトがあったことでしょう。熱のこもったPRぶりは、東北本線の輸送改善が本改正の目玉であることを伺えます。

これらを実現した背景には、東北本線の全線複線電化、重軌条化による最高速度120km/hの実現、貨物列車の速度向上などがありますが、座席寝台兼用として運用の効率を極限まで高められる583系の存在が大きな鍵であることは言うまでもないでしょう。この日から583系は東北本線の花形列車として君臨したのです。

しかし、わずか3年後の1971年11月、東北新幹線(東京-盛岡間)が着工します。
当初の計画では、工期は5年。1976年の開業を目指していました。

20110531_01
▲ 盛岡駅の新幹線上りホームには、新幹線の起工を祝うモニュメントがある。取り囲む違菱は盛岡市の市章。

この時、莫大な投資をもって複線電化に整備した東北本線が、完成からわずか8年で並行在来線と化してしまうことが確定しました。紆余曲折はあったものの、東北新幹線は1982年(昭和57年)に開業します。東北本線に画期的なスピードアップをもたらしたヨンサントオから実に14年、583系の栄華は思いの外に短いものでした。

583系の全盛期を振り返ってみて思うのは、我が国の高度経済成長期のインフラ整備に対する投資とスピードの凄まじさです。現代の目でみると驚きを通り越して、何やら鬼気迫るものすら感じてしまいます。いやはや、とんでもない時代です。そんな時代の真っ只中を昼夜を問わず長駆走り通した583系は、まさに象徴のような存在なのかもしれません。

|

« 583系あれこれ #1 新幹線との意外な共通点 | トップページ | 天下の険 »

国鉄」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

ヨンサントーの半年後に、生まれました(笑)

投稿: 徒歩三千里 | 2011年6月 1日 (水) 00時14分

ほほぅ・・・・
それは、EF6616とほぼ同期ですね。
私は、ED751039とほぼ同期です。

投稿: まくらぎ | 2011年6月 1日 (水) 22時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/542091/51814027

この記事へのトラックバック一覧です: 583系あれこれ #2 「ヨンサントオ」の時刻表と583系:

« 583系あれこれ #1 新幹線との意外な共通点 | トップページ | 天下の険 »