« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

2011年5月31日 (火)

583系あれこれ #2 「ヨンサントオ」の時刻表と583系

20110523_12

1968年(昭和43年)に東北本線の全線複線電化が完成、同年10月1日のダイヤ改正より、特急「はつかり」「ゆうづる」「はくつる」に583系電車が投入されました。時刻表の表紙もご覧の通り、馬淵川を颯爽と渡る583系をダイナミックに切り取っています。

時刻表のダイヤ改正特集では4ページすべてを東北特急のPRに充てています。
見出しをいくつか拾ってみますと・・・

特急 東北本線 複線・電化完成!!
東北・北海道方面へのご旅行がぐーんと便利になります
~上野・青森間を走る月光型特急
 ~昼はゆったりした座席
 ~夜はゆったりした寝台

特急 上野・青森間8時間30分運転・・・2時間短縮
昼行特急「はつかり」2往復 夜行特急「はくつる」1往復 「ゆうづる」2往復

特急 上野・仙台間3時間53分運転・・・40分短縮
特急「ひばり」5往復 急行「まつしま」5往復

特急 上野・山形間4時間35分運転・・・1時間短縮
特急「やまばと」2往復 「ざおう」3往復

一気に2時間短縮とは、今で言うところの新幹線開業のようなインパクトがあったことでしょう。熱のこもったPRぶりは、東北本線の輸送改善が本改正の目玉であることを伺えます。

これらを実現した背景には、東北本線の全線複線電化、重軌条化による最高速度120km/hの実現、貨物列車の速度向上などがありますが、座席寝台兼用として運用の効率を極限まで高められる583系の存在が大きな鍵であることは言うまでもないでしょう。この日から583系は東北本線の花形列車として君臨したのです。

しかし、わずか3年後の1971年11月、東北新幹線(東京-盛岡間)が着工します。
当初の計画では、工期は5年。1976年の開業を目指していました。

20110531_01
▲ 盛岡駅の新幹線上りホームには、新幹線の起工を祝うモニュメントがある。取り囲む違菱は盛岡市の市章。

この時、莫大な投資をもって複線電化に整備した東北本線が、完成からわずか8年で並行在来線と化してしまうことが確定しました。紆余曲折はあったものの、東北新幹線は1982年(昭和57年)に開業します。東北本線に画期的なスピードアップをもたらしたヨンサントオから実に14年、583系の栄華は思いの外に短いものでした。

583系の全盛期を振り返ってみて思うのは、我が国の高度経済成長期のインフラ整備に対する投資とスピードの凄まじさです。現代の目でみると驚きを通り越して、何やら鬼気迫るものすら感じてしまいます。いやはや、とんでもない時代です。そんな時代の真っ只中を昼夜を問わず長駆走り通した583系は、まさに象徴のような存在なのかもしれません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年5月29日 (日)

583系あれこれ #1 新幹線との意外な共通点

20110523_09

583系は座席・寝台両用という構造ゆえ、屋根の高さを限界いっぱいまで確保しています。写真の通り、運転台の高さがそのまま客室まで継続しているのが大きな特徴です。この運転台の横窓と屋根とを繋ぐ部分の造形が実に秀逸です。平面状の横窓をそのまま円筒状の屋根につなぐと不恰好になりますが、あたかも削ったかのような造形を加えることで見事に結合しています。

この造形は、東北新幹線の200系にそっくり受け継がれているように見えます。
似たような写真を並べてみますと・・・

20110523_10

20110523_11

どうでしょう? なんとなく似てるような気がしませんか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年5月28日 (土)

春の磐越西線 2011 #5 発車を待つ 583系

20110523_07

撮影を終え、郡山駅に着くと、あいづライナー5号が発車を待っていました。
ホームへの階段を下りる乗客の目線で、一枚。
往年の東北夜行特急と錯覚しそうな風景です。

2011年05月19日 1215M

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月27日 (金)

春の磐越西線 2011 #4 583系 インカーブ・ローアングル

20110523_06

会津に赴くに先立ち、過去に撮った583系の写真を振り返ってみたところ、
意外にも、編成をしっかりおさえた写真が妙に少ないことに気が付きました。

せっかくの良い天気ですが、やはり1枚くらいは編成で押さえておきたいもの・・・・
そんなことを考えつつ沿線をうろうろしていたら、お誂え向きのインカーブを発見。
標準レンズ、ローアングルという王道の構図で一枚、いただきました。

ちょっと側面が弱いですが、光と影の具合が夕方っぽくて、そう悪くないかも。

2011年05月19日 1213M

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月26日 (木)

春の磐越西線 2011 #3 満開の菜の花

20110523_05

関東では終わって久しい菜の花ですが、ここ会津では元気に咲いていました。
なんとなく懐かしさを感じつつ、普通列車と絡めて一枚。
今年ラストの(となるであろう)菜の花を楽しみました。

2011年05月14日 1234M

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月25日 (水)

春の磐越西線 2011 #2 583系「あいづライナー」を追う

20110523_02

快速「あいづライナー」は午前1往復、午後2往復運行されています。
午前中2本目となる下り1号も、磐梯山の魅力に抗しきれずこの場所へ。
後追いの構図になりますが、サイド気味に撮ればそれほど違和感はありません。
あわよくば水鏡も・・・と期待したものの、時折強く吹く風が波紋を盛大に広げます。

祈るような気持ちで待つこと数分・・・

2011年05月19日 1211M

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月24日 (火)

春の磐越西線 2011 #1 583系「あいづライナー」を追う

20110523_01

無性に583系が撮りたくなり、会津に行ってきました。

会津といえば、何はなくとも磐梯山。
磐梯山を背景に、583系の特徴的な角張った顔を正面からドカンと一発。

憧れの車輌が今もなお変わらぬ姿で活躍していることに、ただ感謝。
思わず手を合わせて拝んでしまいそうです。

2011年05月19日 1212M

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月20日 (金)

海原のような

20110515_01

鉄仲間に誘われて、総武本線に行ってみました。
あたり一面に広がる田んぼには水が張られ、田植えの季節を迎えていました。

そこを下りの成田エクスプレスが通過します。

海外に出張する人、赴任する人、母国に帰る人・・・
立場は人それぞれですが、しばらく日本を離れる人が大多数でしょう。

まるで海原のように広がる風景は、しばらく見納めになる人への贈り物かもしれません。

2011年05月08日 2041M

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月10日 (火)

JR東日本パス

20110510_03

JR東日本のプレスリリースで、東日本エリアの観光や復興支援、お見舞いなどによる帰省をサポートすることを目的に『JR東日本パス』を発売する旨、発表がありました。商品の詳細な説明はこちらに譲りますが、JR東日本全線(*1)の特急(新幹線含む)・急行列車の普通車自由席(*2)が1日間乗り放題で10,000円と、とてもおトク度の高い商品です。

見逃せないのは、JR東日本パスの利用者に限り、駅レンタカーSクラスが1暦日3,500円で利用できること。この特典は同きっぷの利用期間内は実施(*3)とのことなので、初日はJR東日本パスで目的地まで移動し、2日目は駅レンタカーで周遊・・・といった使い方もできそうです。これは旅のプランが広がります。

ところで『JR東日本パス』は2003年にも発売されています。前回は同社の完全民営化達成を記念した謝恩企画という名目で、1日用8,000円、2日用に至っては12,000円という破格の安さでした。沿線各駅の混雑は元日恒例の正月パスを遥かに上回るものがあり、ちょっとした祭りの様相を呈していたことを覚えています。私も2日用を片手に秋田の乳頭温泉郷に行き湯巡りをしたものです。

しかし随分思い切った商品を企画したものです。東日本の復興に鉄道輸送で貢献しようという強い意思が伝わります。

2003年03月02日 乳頭温泉郷 鶴の湯温泉 (秋田県仙北郡田沢湖町)

(*1) 北越急行、青い森鉄道、IGRいわて銀河鉄道も乗車可能
(*2) 普通車指定席も2回まで利用可能
(*3) 有効期間ではない

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年5月 6日 (金)

陸羽東線と神室連峰

20110506_02

盛岡からの帰り道は新幹線でストレートに帰るのも面白くないので、古川-仙台間を陸羽東線・奥羽本線・仙山線経由の経路とし、途中山形で1泊することに。

陸羽東線に乗るのはおよそ8年ぶりです。その時は東京からムーンライトえちごで夜を明かし日本海ルートを北上、余目で陸羽西線に乗り換え本州横断・・・というルートで、やはりと言うか、陸羽東線は前夜からの疲労がピークに達し、車窓の風景はまったく記憶になく、ただ乗せられて小牛田に着いたというのが実情です。今回はじっくり車窓を眺めることができました。

車窓は田園あり、峠越えあり、渓谷ありとバラエティに富んでいて飽きません。なかでも印象深いのは、山形県側の最上町周辺で望む山々の美しいこと! 連れ合い曰く「なんか長野っぽい」とのことですが確かに大糸線から望む北アルプスに似てなくもありません。帰宅して調べてみるとこの山々は神室連峰とのことで「東北のミニアルプス」と呼ばれているとか。最上駅のホームからもその雄姿は望め、対向列車の入線と絡めて1枚いただきました。

今度はこの辺りを目的地に、温泉につかりながらのんびり過ごしたいなぁ・・・と思うのでした。

2011年05月03日 730D 最上駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 5日 (木)

新緑の中央線

20110505_01

桜の季節もとうに過ぎ、中央線沿線は新緑まっさかり。
四方津の鉄橋は谷の奥深くまで緑色にあふれていました。
これを生かさぬ手はないと、縦アングルで構えます。

トンネル、鉄橋、深い谷―――風景こそ山岳路線そのもの。
しかしここは中央線、現代的な4扉の通勤電車が行き交います。
この二面性がなんとも魅力的です。

2011年05月05日 1381M 四方津-梁川

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 4日 (水)

岩手山を望む -春-

20110504_01

連休の前半は実家のある盛岡に帰省していました。
昼間は色々と用事があり、鉄活動もままならず。
ちょっと早起きして時間を捻出し、なんとか楽しみました。

春らしく、やや霞んだ山容を背景に、終着駅へと向かうこまち号。
東京に向かう人にも、秋田に向かう人にも、岩手山はいつも見送っています。

2011年05月03日 3095M 盛岡-大釜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »