« 陸羽東線と神室連峰 | トップページ | 海原のような »

2011年5月10日 (火)

JR東日本パス

20110510_03

JR東日本のプレスリリースで、東日本エリアの観光や復興支援、お見舞いなどによる帰省をサポートすることを目的に『JR東日本パス』を発売する旨、発表がありました。商品の詳細な説明はこちらに譲りますが、JR東日本全線(*1)の特急(新幹線含む)・急行列車の普通車自由席(*2)が1日間乗り放題で10,000円と、とてもおトク度の高い商品です。

見逃せないのは、JR東日本パスの利用者に限り、駅レンタカーSクラスが1暦日3,500円で利用できること。この特典は同きっぷの利用期間内は実施(*3)とのことなので、初日はJR東日本パスで目的地まで移動し、2日目は駅レンタカーで周遊・・・といった使い方もできそうです。これは旅のプランが広がります。

ところで『JR東日本パス』は2003年にも発売されています。前回は同社の完全民営化達成を記念した謝恩企画という名目で、1日用8,000円、2日用に至っては12,000円という破格の安さでした。沿線各駅の混雑は元日恒例の正月パスを遥かに上回るものがあり、ちょっとした祭りの様相を呈していたことを覚えています。私も2日用を片手に秋田の乳頭温泉郷に行き湯巡りをしたものです。

しかし随分思い切った商品を企画したものです。東日本の復興に鉄道輸送で貢献しようという強い意思が伝わります。

2003年03月02日 乳頭温泉郷 鶴の湯温泉 (秋田県仙北郡田沢湖町)

(*1) 北越急行、青い森鉄道、IGRいわて銀河鉄道も乗車可能
(*2) 普通車指定席も2回まで利用可能
(*3) 有効期間ではない

|

« 陸羽東線と神室連峰 | トップページ | 海原のような »

JR東日本」カテゴリの記事

きっぷ」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

東日本復興の一つとして、とても大きな役割を担う切符だと思います。この切符がきっかけで多くの方が東北に旅行に行き、そしてその方たちが「また東北に行きたい!!」と思ってくれることこそが、この切符の本当の存在意義だと思います。
多くの方が東北に訪れ、そしてそれが復興の一つの足掛かりとなることを祈ってます。

投稿: d51yattyan | 2011年5月12日 (木) 17時42分

その通りですね。
しかし、この割引率でしかも平日も制限なく利用可能というのは、なかなかすごいことです。
復興の起爆剤に繋がればよいですね。

投稿: まくらぎ | 2011年5月14日 (土) 04時55分

鶴の湯温泉は素敵な温泉だよね。
昔に何度か行きました。
時の止まった様な雰囲気で何とも言えないですよね。
確か当時は携帯の電波も入らなかった記憶が。。

温泉内の湯の花もヌルヌルとしていた記憶もあるな。
いつかまた行きたいな。

投稿: so | 2011年5月16日 (月) 00時05分

>soさん

こんにちは。ここでは初めてですね。
昔ながらの湯治場といった趣で、この21世紀の日本にまだ残っていたとは! と驚いたものです。一度泊まってみたいですね。
秘湯・・・・にしてはお客さんがたくさんいますが(^-^;

投稿: まくらぎ | 2011年5月16日 (月) 23時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/542091/51638482

この記事へのトラックバック一覧です: JR東日本パス:

« 陸羽東線と神室連峰 | トップページ | 海原のような »