« 初夏の高山本線 #4 分水嶺の峠から | トップページ | 初夏の高山本線 #6 神社の参道から »

2011年6月15日 (水)

初夏の高山本線 #5 表紙のように

20110609_07

雑誌の表紙といえば、縦構図。そんなイメージで撮ってみました。

鉄道雑誌にもいろいろありますが、列車の「顔」をドカンと横幅いっぱいに配置した構図は何となく「鉄道ジャーナル」という印象があります。他の雑誌の表紙も車両主体のはずなのに、鉄道ジャーナルの印象が強いのは何故だろう? と他の雑誌を見てみると、「鉄道ファン」 「鉄道ダイヤ情報」などは題字と写真の領域を明確に分けていて、その構図はRFはむしろ正方形に近く、DJはなんと横構図でした。なるほど、これは印象が違うわけです。

私が愛読してやまない「鉄道ピクトリアル」はどうかと見てみると、構図としては鉄道ファンに近いものの、ずいぶん落ち着いた印象があります。これは、むしろ被写体(つまり特集の内容)のチョイスの違いに依るところが大きいかと。

表紙ひとつとっても方向性の違いが伺えて、なかなか興味深いものです。

2011年06月04日 高山本線 4714C

|

« 初夏の高山本線 #4 分水嶺の峠から | トップページ | 初夏の高山本線 #6 神社の参道から »

JR東海」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/542091/51955803

この記事へのトラックバック一覧です: 初夏の高山本線 #5 表紙のように:

« 初夏の高山本線 #4 分水嶺の峠から | トップページ | 初夏の高山本線 #6 神社の参道から »