« 初夏の高山本線 #6 神社の参道から | トップページ | 初夏の高山本線 #8 宮川とともに »

2011年6月22日 (水)

初夏の高山本線 #7 稲を育てる

20110609_09

水田とは切り離せない関係にある、用水路。
ところどころに堰があり、心地よい水音を奏でていました。
堰で水位を高くすることで、動力を使わずに田んぼに水を流しこむことができます。

夕方、農家のおじさんがやってきて、用水路から石を取り出していました。
きめ細かな水の管理が、良質な美味しい米に繋がるようです。

2011年06月04日 高山本線 1853D

|

« 初夏の高山本線 #6 神社の参道から | トップページ | 初夏の高山本線 #8 宮川とともに »

JR東海」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/542091/52017578

この記事へのトラックバック一覧です: 初夏の高山本線 #7 稲を育てる:

« 初夏の高山本線 #6 神社の参道から | トップページ | 初夏の高山本線 #8 宮川とともに »