« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011年11月18日 (金)

Suica10周年

20111118_01

10年前の今日、2001年11月18日に、首都圏の448駅にIC乗車券サービスとしてSuicaが導入されました。

当初のSuicaは「イオカード」がICカードに化けたようなもので、目新しい点としてはせいぜいSuica定期券にすると乗り越し精算が自動で済む、といったもの。使ったら券売機でお金をチャージしなければならないし、果たして本当に便利になったのか、何なのか??・・・といった認識でした。あれから10年、よもや街中のコンビニで普通に使えるほどに一般的な決済インフラとして定着するなどとは思ってもいませんでした。

ここまで飛躍したのは「他社との相互利用」と「電子マネーサービス」の開始によるところが大とは思いますが、自分としてはVIEWカードで自動入金する「オートチャージ」の開始が決定的でした。これでSuicaでの決済が定着し、日常生活で小銭を使う頻度が明らかに減っています。

Suicaが導入されたことで、長い目で見ると様々な変化が起こりました。近距離の磁気きっぷを買うことがなくなり、自動券売機が減りました。私鉄との連絡乗車券なども買うことがなくなりました。口座自体がだいぶ廃止になったとも聞きます。磁気きっぷを投入できる自動改札機も減りました。駅の売店で小銭を渡すこともなくなりました。そういえば定期入れも持たなくなって久しいです。仕組みを変えた、生活を変えたという意味で、Suicaは鉄道の歴史に残る偉大なシステムなのかもしれません。

ちなみに写真のデビュー記念カードは電子マネー非対応で、現在はチャージすらできないようです。使い切ったらおしまいですが、記念として取っておこうかと。デポジットが癪ですけどね。

2011年11月18日

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年11月11日 (金)

「SLがんばろう岩手号」と、M君との思い出

20111111_01

こちらのニュースによると、来たる11月19日~20日に東北本線(一ノ関駅~北上駅間)にて運転される「SLがんばろう岩手号」の火入れ式がきのう行われたそうだ。

この記事を見て不意に、20年ほど前の「ある出来事」を思い出した。

確か、中学2年の頃だった。

ある日の放課後、友人のM君に「ちょっと付いてきてくれないか」と頼まれた。何事かと問うても、もじもじしていて実に要領を得ない。ずいぶん粘られ、ついに根負けし、彼に付きあうことにした。

学校を出て、30分ほど自転車をひたすら漕いで、彼はピタリと止まった。そこは盛岡駅の裏手だった。今でこそ再開発が進んでいるが、当時は国鉄盛岡工場が廃止になってしばらく経ち、使い道を失った広大な跡地に錆びたレールが並ぶ、やけに寒々しいところだったように思う。

彼はついに口を開いた。

「ここに、SLがいるんだ。」

数日後に東北本線にSLが走ること、SLは既に盛岡駅に着いていて、どうしても見たくてここまで来たこと、SLはおそらく手前に見える大きな機関庫の中にいるはず・・・・などなど、一気にまくし立てた。そういえば彼は「鉄」だった。(当時、自分はさほど鉄ではなかった。)

残念なことに、公道からSLは見えない。どうしよう・・・・

とその時、手前の建屋から作業服姿の職員が現れた。「声をかけてくれ!」と彼。えぇ~!
・・・・などと押し問答しているうちに、彼は覚悟を決めたのか、意を決して声をかけた。

初老の男性は快く応じてくれ、機関区の中に招き入れてくれた。しかも彼と私のために、機関庫からわざわざSLを引き出し、手前にある転車台に据付け、ぐるりと一周までしてくれた。彼はカメラを持っていないことを真剣に悔しがっていた。

後で調べてみると、このときが、D51498号機の復活後初となる東北本線での運転だったようだ。盛岡の鉄にとって重大なイベントであったことは、いまの自分ならよく理解できる。

ちなみに彼はその後鉄道会社に就職した。いまは某路線で運転士をしているそうだ。
自分はというと、この数年後「鉄」に開眼し、今ではずいぶんこじらせてしまった。

人生とは、分からないものだ。

2009年09月20日 上越線 水上駅

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年11月10日 (木)

秋の周防・長門路 2011 #5 下関駅にて

20111026_07

山陽と山陰、そして九州が交錯する駅、下関。

ホームの時刻表をみると、意外にも、列車の本数は九州方面が最も多いことに気づく。
県境を、海峡をも越えた結びつきの強さを感じた。

2011年10月17日 山陽本線 下関駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 9日 (水)

秋の周防・長門路 2011 #4 長門本山駅

20111026_05

この駅を発つ列車は、1日5本。
朝に2本と、夕方に3本。昼間はない。

発車時刻が近づくと、ひとりふたりと乗客がやってきた。
なんとなく、ほっとした。

20111026_06

駅は団地や民家に囲まれ、寂しさはそれほど感じられない。
暮らしの中にある鉄道・・・・今後も変わらずそうあってほしいと願う。

2011年10月16日 小野田線 1328M

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »