« 「SLがんばろう岩手号」と、M君との思い出 | トップページ | 晩秋の北海道 #1 »

2011年11月18日 (金)

Suica10周年

20111118_01

10年前の今日、2001年11月18日に、首都圏の448駅にIC乗車券サービスとしてSuicaが導入されました。

当初のSuicaは「イオカード」がICカードに化けたようなもので、目新しい点としてはせいぜいSuica定期券にすると乗り越し精算が自動で済む、といったもの。使ったら券売機でお金をチャージしなければならないし、果たして本当に便利になったのか、何なのか??・・・といった認識でした。あれから10年、よもや街中のコンビニで普通に使えるほどに一般的な決済インフラとして定着するなどとは思ってもいませんでした。

ここまで飛躍したのは「他社との相互利用」と「電子マネーサービス」の開始によるところが大とは思いますが、自分としてはVIEWカードで自動入金する「オートチャージ」の開始が決定的でした。これでSuicaでの決済が定着し、日常生活で小銭を使う頻度が明らかに減っています。

Suicaが導入されたことで、長い目で見ると様々な変化が起こりました。近距離の磁気きっぷを買うことがなくなり、自動券売機が減りました。私鉄との連絡乗車券なども買うことがなくなりました。口座自体がだいぶ廃止になったとも聞きます。磁気きっぷを投入できる自動改札機も減りました。駅の売店で小銭を渡すこともなくなりました。そういえば定期入れも持たなくなって久しいです。仕組みを変えた、生活を変えたという意味で、Suicaは鉄道の歴史に残る偉大なシステムなのかもしれません。

ちなみに写真のデビュー記念カードは電子マネー非対応で、現在はチャージすらできないようです。使い切ったらおしまいですが、記念として取っておこうかと。デポジットが癪ですけどね。

2011年11月18日

 

|

« 「SLがんばろう岩手号」と、M君との思い出 | トップページ | 晩秋の北海道 #1 »

JR東日本」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

すみません。テストです。

投稿: naomi | 2011年12月 9日 (金) 15時40分

> すみません。テストです。

え、何のテスト…?

投稿: まくらぎ | 2011年12月10日 (土) 01時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/542091/53277964

この記事へのトラックバック一覧です: Suica10周年:

« 「SLがんばろう岩手号」と、M君との思い出 | トップページ | 晩秋の北海道 #1 »