« 晩秋の北海道 #10 木村踏切 | トップページ | 晩秋の北海道 #12 光る北斗 »

2011年12月28日 (水)

晩秋の北海道 #11 本輪西の朝

20111208_28

本輪西駅からやや西に進んだ先に、鉄道石油輸送の基地があります。
湯気が立つほどの寒い朝、次の運用を待つタンク車がたむろしていました。

一部報道で、荷主であるJX日鉱日石エネルギーが来年5月末を目処に鉄道での石油輸送を船舶に切り替える方針と報じられました。四方を海に囲まれ、細く長い国土の日本は鉄道と海運が競合の関係にあります。諸外国の内陸国家と異なり、鉄道貨物輸送がコスト競争力を維持しつつ強みを発揮できる分野は意外に少ないのかもしれません。全体を俯瞰したうえでの結論とは思いますが、広大な敷地に完成されたヤードがあと半年足らずで無用と化してしまうと思うと、何とも勿体ないというか、残念な思いがします。

20111208_26

2011年11月04日 本輪西駅構内専用線

|

« 晩秋の北海道 #10 木村踏切 | トップページ | 晩秋の北海道 #12 光る北斗 »

JR貨物」カテゴリの記事

旅行記」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/542091/53594260

この記事へのトラックバック一覧です: 晩秋の北海道 #11 本輪西の朝:

« 晩秋の北海道 #10 木村踏切 | トップページ | 晩秋の北海道 #12 光る北斗 »