« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月24日 (火)

冬晴れの気仙沼線

20120123_01

鉄仲間に誘われて、宮城県北部に行きました。
待ち合わせは夕方でしたが、午前中に仙台入りし、ひとりで撮り歩いてみました。

向かった先は、気仙沼線。
気仙沼線を乗り通したのは一昨年の夏のこと。列車に揺られ眺める車窓の風景は素晴らしく、これはいつか撮りに行かねばなるまいぞ…と思ったものです。今回ようやくその思いが叶いました。

お昼を回った頃に前谷地駅付近に到着。昼食を頬張りながら、ダイヤをにらみつつよい場所がないか探し歩きます。このプロセスが楽しくて出歩いているようなものです。

20120123_02

沿線は総じて平坦で、見渡す限りに水田が広がります。その間を縫うように河川や水路が走ります。これが曲者でして、気仙沼線は鉄橋を架けて一直線に進みますが、これと並行する道路がなく、思わぬ迂回を強いられるのです。

20120123_06

沿線の概況を描いてみました。駅の順に移動しようとするとかなり迂回しなければならないことが分かりますでしょうか。なかでも御岳堂駅から柳津駅への移動は、北上川の対岸に柳津の市街が見えているにもかかわらず、登米まで延々と迂回しなければなりません。これは列車代行バス泣かせな路線ですね。

何だかんだで、柳津駅に到着。気仙沼線は東日本大震災で沿岸部を中心に壊滅的としか言いようのない被害を受けてしまいました。このため、ここ柳津駅が当面の終着駅です。

柳津駅から少し下ると、ひとまずの終点がありました。

20120123_03

どのような形であれ、一日も早い復旧を祈るばかりです。

実質3時間弱と駆け足で巡りましたが、あれこれ想像が膨らむ楽しい路線でした。また機会を作ってじっくり撮り歩きたいものです。

20120123_04

2012年01月14日 気仙沼線 9941D, 9938D, 9940D

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月19日 (木)

[お知らせ]あさぎり号の写真展

ここでひとつ、お知らせです。

Img_986589_27817981_0

来たる3月のダイヤ改正に合わせ、御殿場線・小田急線の特急あさぎり号で活躍した371系、小田急20000形が引退しますが、これを記念した写真展が来月2月18、19日の両日に開催されます。主催されるniskさんとは沿線で数回お会いして以来のご縁です。こちらのブログで四季折々の情景を掲載しており、いずれも素晴らしい写真ばかりです。ぜひ足を運んでみてはいかがでしょう? ちなみに、今月の小田急ロマンスカーカレンダーの写真はniskさんの作品だそうです。

以上、お知らせでした!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月18日 (水)

出発の合図

20120113_03

出発時刻を迎えた。
駅員さんがホームに立ち、安全を確認し、手旗で出発の合図を送る。

2012年01月07日 久留里線 928D

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月16日 (月)

箱庭のような

20120113_02

民家の裏庭からひょいと顔を出すかのようにやってきました。
線路と畑の境目が曖昧で、まるで箱庭のようです。

2012年01月07日 久留里線 927D

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月13日 (金)

ひと休み

20120113_01

…というわけではないでしょうけど、ね。

ちょっと背中を伸ばしてみたくなるような、穏やかな冬晴れの午後でした。

2012年01月07日 久留里線 934D

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年1月 7日 (土)

冬の飯田線 2011 #2 七久保駅編

20120103_02

田切駅近くのΩカーブを堪能した後は、近くで撮っていた方のご好意に甘え、駒ヶ根駅まで車で送って頂きました。これは本当に助かりました。駒ヶ根駅の駅舎はそこそこ大きく、地域の中心駅としての風格を感じますが駅そば屋はおろか売店すら見当たりません。中長距離の都市間輸送を高速バスに奪われて久しい飯田線の現状が垣間見えます。

午後は駒ヶ根駅から再び南下し七久保駅の周辺で撮り歩きました。撮影可能な119系列車の運用は午後3時台の1本のみ…ずいぶん数を減らしたものです。貴重な1本はオーソドックスにインカーブローアングルで抑えました。

七久保駅に戻る頃には太陽はすっかり西に傾き、南アルプスがくっきりと姿を現していました。この日最後の1枚は駅名票と南アルプスを絡めてみました。周囲を山に囲まれた伊那谷はそこらじゅうに絶景が転がっている印象です。機会があればまた訪れたいところです。

20120103_03

ところで、駅名標はJR各社でそれぞれ独自の様式が制定されていますが、その中ではJR東海の様式が最も好感がもてます。駅名がスミ丸ゴシックの書体でひらがな表記であること、市区郡町村が漏れなく表記されていることなど、旅情を感じるアイテムとしては完璧です。JR東海は国鉄が培ったスタイルを意識的に継承しているように感じます。駅名票などのサインシステム、新幹線のカラーリング、在来線の車両デザインなどなど…もし国鉄が解体されず存続していたら、きっとJR東海のようなスタイルになっていたのでは? と思うのですが....

2011年12月17日 飯田線 1508M

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 3日 (火)

冬の飯田線 2011 #1 田切駅編

20120103_01

あずさ回数券は6枚綴りのため、2人で1往復すると2枚余ってしまいます。いつ使おうかと考えたり忘れたりしているうちに3ヶ月が経ち、有効期限に追われる羽目に。捨ててしまうのも忍びないので飯田線に行くことにしました。回数券は南小谷まで通用なので少々もったいないですが使わないよりはましというものです。ところが始発の特急あずさで行くと午前中は実質的に何も撮れないことが判明…結局、始発の普通列車を延々乗り継いで伊那谷に入りました。ムーンライト信州があればもう少し効率よく行けるのですが…

そんなこんなで5時間半ほどかけて着いた伊那谷は文句なしの快晴!
苦労して行った甲斐があったというものです。

2011年12月17日 飯田線 237M

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 2日 (月)

ホリデー快速鎌倉 2012年新春

20120102_01

2012年の“撮り初め”は『ホリデー快速鎌倉』となりました。
本当は、去年の再履修ということで富士山を背景に撮りたかったものの、天気が思わしくなく断念し、近場の跨線橋から縦アングルで一枚。

見たところ客入りは上々のようです。鎌倉方面への初詣輸送には根強い需要があるのでしょうか。しかし最近は初詣臨や大晦日の終夜臨の設定が徐々に減る傾向にあります。武蔵野線も今年から終夜臨が設定されなくなりました。思えば、大晦日の夜に元朝参りに行ったのは過去に数回あるかないかで、寒い中参道で長時間行列することを考えるとなかなか足が向きません。実際のところどの程度乗客がいるのか気になるところです。

2012年01月02日 武蔵野線 9524M

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 1日 (日)

こんにちは2012年

20120101_03

あけましておめでとうございます。
本年も『週末鉄日記』を、よろしくお願い致します。

新春とは言いますが、寒さはこれからが本番。
ああ、春が待ち遠しい…
ということで、春を先取りした画像にしてみました。

2011年04月03日 いすみ鉄道 18D

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »