« [お知らせ]あさぎり号の写真展 | トップページ | 『北の無人駅から』(渡辺一史) »

2012年1月24日 (火)

冬晴れの気仙沼線

20120123_01

鉄仲間に誘われて、宮城県北部に行きました。
待ち合わせは夕方でしたが、午前中に仙台入りし、ひとりで撮り歩いてみました。

向かった先は、気仙沼線。
気仙沼線を乗り通したのは一昨年の夏のこと。列車に揺られ眺める車窓の風景は素晴らしく、これはいつか撮りに行かねばなるまいぞ…と思ったものです。今回ようやくその思いが叶いました。

お昼を回った頃に前谷地駅付近に到着。昼食を頬張りながら、ダイヤをにらみつつよい場所がないか探し歩きます。このプロセスが楽しくて出歩いているようなものです。

20120123_02

沿線は総じて平坦で、見渡す限りに水田が広がります。その間を縫うように河川や水路が走ります。これが曲者でして、気仙沼線は鉄橋を架けて一直線に進みますが、これと並行する道路がなく、思わぬ迂回を強いられるのです。

20120123_06

沿線の概況を描いてみました。駅の順に移動しようとするとかなり迂回しなければならないことが分かりますでしょうか。なかでも御岳堂駅から柳津駅への移動は、北上川の対岸に柳津の市街が見えているにもかかわらず、登米まで延々と迂回しなければなりません。これは列車代行バス泣かせな路線ですね。

何だかんだで、柳津駅に到着。気仙沼線は東日本大震災で沿岸部を中心に壊滅的としか言いようのない被害を受けてしまいました。このため、ここ柳津駅が当面の終着駅です。

柳津駅から少し下ると、ひとまずの終点がありました。

20120123_03

どのような形であれ、一日も早い復旧を祈るばかりです。

実質3時間弱と駆け足で巡りましたが、あれこれ想像が膨らむ楽しい路線でした。また機会を作ってじっくり撮り歩きたいものです。

20120123_04

2012年01月14日 気仙沼線 9941D, 9938D, 9940D

|

« [お知らせ]あさぎり号の写真展 | トップページ | 『北の無人駅から』(渡辺一史) »

JR東日本」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/542091/53817819

この記事へのトラックバック一覧です: 冬晴れの気仙沼線:

« [お知らせ]あさぎり号の写真展 | トップページ | 『北の無人駅から』(渡辺一史) »