北斗星

2012年9月19日 (水)

4年前のきょう

20120919_01

4年前のきょうは、北斗星の車中で朝を迎えました。

今はなき 「ぐるり北海道フリーきっぷ」 を片手に、北斗星で北海道へ。
安価に北斗星で往復できて、しかも道内全線全列車乗り放題。すばらしいきっぷでした。

【上野駅 発車後】

森、八雲、長万部、洞爺、伊達紋別・・・・
聞きなれない北海道の駅名を耳にしたとき、旅の始まりを感じるものです。

【おはよう放送】

JR北海道の車掌さんの、旅心をそそる語りがすばらしい!

【札幌到着】

ひとつ大きな旅を終えたような気分になりますが、真の北海道の旅はここからです。

【おまけ】

札幌で特急サロベツに乗り換え、いざ最北の地へ。

2008年09月19日 1レ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月31日 (火)

白河の夏

20120801_01

週末が月末になりつつあるような?
というご指摘を受けてしまいましたが、いやはや、その通りですね。

暑い日が続くと、せめて画像だけでも涼しげなものを・・・・というわけで。

真夏とはいえ川の水は冷たく、列車を待つ時間がとても長く感じられたものです。

2010年08月13日 東北本線 2レ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月13日 (火)

晩秋の北海道 #2 残り紅葉と北斗星

20111208_02

11月1日の早朝、新千歳空港に降り立ち、レンタカーを確保して向かった先は上野幌の築堤。道央の紅葉は既にピークを過ぎていたものの、色付きの良い部分もそこそこ残っていました。なんとか無理やり絡めサイドから1枚。北斗星はほぼ定刻で通過しました。機関車と客車が同じ色なので、サイドからではあまり区別がつきません。どちらかというと対照的な色のほうが好みですね。

ところで現地でお会いした方によると、札幌周辺の紅葉の進行は関東で言うところの沼田あたりに相当するそうです。こういう情報はやはり現地でないと得られません。参考になります。

2011年11月1日 千歳線 1レ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月10日 (土)

晩秋の北海道 #1

20111208_01

11月の上旬に、5日間ほど暇をもらい北海道に行きました。

前半は石北本線、後半は室蘭本線を軸に撮り歩きました。11月ともなると平地で雪がちらついてもおかしくない時期ですが、今年は冬の訪れが遅れていて、季節外れに暖かい日ばかり。紅葉も最終局面をぎりぎり保っていて、撮影には実に好都合でした。

ちょっと季節外れになりつつありますが、少しずつ公開していこうかと。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月18日 (金)

フレームアウト!北斗星

20110218_01

24系の団臨から約25分後に通過した北斗星。

周囲は幾分明るくなったものの、ハイビームに惑わされ合焦しない!
焦点が合ったときは悲しきかな既にフレームアウト・・・
なんとか間に合った一枚がこれでした。

とはいえ、足回りから吹き出す雪煙が何ともよい感じ。
なんか、こういうのもありですね。

2011年02月12日 2レ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年9月25日 (土)

北斗星 迂回運転

20100925_01

9月23日(木)上野発の北斗星は、東北本線での大雨の影響により、常磐線経由で迂回運転されました。この日は偶然にもいわきに泊まっており、その姿を目にすることができました。

22時10分、臨時列車到着を知らせる自動放送の後、EF81の牽く北斗星がしずしずと入線します。あまりない機会なので、常磐線と分かるアイテムを・・・と思い、番線表示を織り込んで流し撮り。その後列車はわずか1分で発車しました。食堂車でくつろぐお客さんと互いに手を振り交わしお別れ。よい旅を!

2010年09月23日 う9021レ いわき駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月20日 (火)

EF81北斗星 引退に寄せて

20100714_01

2010年7月15日上野着の2列車をもって、EF81による北斗星の牽引は幕を下ろしました。その僅か3日後に早くも復活するなど、今後も運用に入りそうではありますが・・・ひとまずの区切りは迎えました。

機関車の置き換えは、撮る立場としては残念な面もありますが、世代交代のないものは衰退しかないわけでして、今後も継続して運行するため、新たに投資を行ったと捉えると、これは実に喜ばしいことです。新幹線の延伸など、中長期的には決して明るくはありませんが、いまは北斗星が存続する方向にあることを素直に喜びたいと思います。

------------

ここ最近、EF81の牽く北斗星を集中的に取り上げていました。このシリーズも今回で一区切り。最後は、新春の蒲須坂をゆく北斗星で締めたいと思います。

2010年01月09日 2レ 片岡-蒲須坂

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月15日 (木)

EF8187 北斗星

20100715_02

梅雨らしい、湿気をたっぷりと含んだ空気に包まれて。

EF81の牽く、最後の北斗星。

2010年07月15日 2レ 栗橋-東鷲宮

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月11日 (日)

EF81133 北斗星 #2

20100711_02

夏らしく、青々と輝く稲穂を大きく入れて撮ってみました。

2010年07月11日 2レ 栗橋-東鷲宮

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月10日 (土)

EF8179 北斗星

20100709_01

改めて見ると、カシオペア専用機は実に・・・思い切った配色です。JR東日本の看板列車として、全車個室A寝台という前代未聞の客車をイチから起こし、満を持してデビューしたカシオペアですが、いかんせん列車の先頭を飾る機関車がEF81のままなので、見た目にはいまひとつ画期的な感じがしません。これを何とかカバーしようと、この配色になったのでしょう。気持ちは分かります。

JR東日本にも、同じような認識があるかどうかは分かりませんが、

いずれも客車のバックショットばかりで、機関車を前面に打ち出したカットは見当たりません。看板列車を牽引する機関車なのに、これほどまでに陰が薄いとは・・・! そして先月、目立ったイベントもなく、ひっそりとその任を解かれてしまいました。その役割にしてはあまりにも地味すぎる引き際です。

大抜擢のはずが、どことなく冷ややかなものを感じてしまうカシオペア専用機ですが、この日も北斗星色でなかったことを口惜しく思うことなく(!)、今はただ、足掛け12年に渡りその任を大過なく全うした功績を偲ぶことにします。

2010年07月08日 2レ

| | コメント (0) | トラックバック (0)